フードバンクまえばし

フードバンクまえばしは、フードバンク北関東(群馬県館林市)が群馬県前橋市から委託を受けて運営するフードバンクです。(フードバンク北関東及びフードバンクまえばしは、NPO法人三松会が母体です)

フードバンクまえばしで提供する食料は、フードバンク北関東からの提供品だけでなく、県内市内の食品関連企業や団体・個人の方々からの食料を募って、それを地元の食料を必要としている個人や福祉施設・団体等に届ける、地産地消のフードバンクを目指しています。

この活動には地元の食品企業・団体・個人の方々の協力なしではなりたちません。どうぞ、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

市民同士が助け合う共助の関係

各地域における市民や各種団体によって、お互い助け合うサイクルが生まれます。

食品ロスを抑制します

毎日、多くの食品が、生産過剰、包装時の損傷や不備、印字ミス、賞味期限切れが迫る等の理由で食品業者によって捨てられています。これらの食品は十分に食べられる品質、栄養価を備えながら、環境を害する生ごみとして処理されているのが現状です。フードバンクは、その行き場をなくした食品を引き取り、食料を必要とする方に届けることでお互い助け合うサイクルを生み出します。

信頼関係で成り立っています

企業・団体から寄贈して頂ける食料品を引き取る際には、食品の安全性を十分に確認します。また、品質の保証や転売禁止などを取り決める同意書を交わします。それと同じく提供先の福祉施設等には、寄贈頂いた企業及や商品の説明を行い、転売禁止等の同意書を交わします。

余った食品を「ありがとう」に変えます

福祉施設や団体などの他に、任意で活動する団体や地域のコミュニティーとも連携をします。子ども食堂で使う材料や無料学習会などで必要な軽食などを食品関連業等より寄贈いただき、有効に活用します。

SDGs に向けて活動します

フードバンクまえばしは、フードバンク事業を通して、他の企業・団体と協調して、関連のSDGsの達成に向けて活動・貢献していきます。